本の状態と用語の説明

評価について

当サイトでは 読むにあたって難があるかどうか をおおよその基準にしております。
本文と関係ない部分(綴じ込みハガキや広告ページ等)については、状態欄に記載していない場合がございます。

A+ ほぼ新品同様
表紙、カバーなどに多少のすれ、軽微な傷みがあるものの
内容に切れ、折れなどがないもの
一般的な中古本の位置づけ
めくりしわ、角部分の折れ・傷み、数mm程度の切れなど
多少の傷みはあるが読む分には支障のないもの
ページの破れ、大きな折れ、書き込みなどがあり、
読む際に多少の支障があるもの
ページ欠落、水濡れなどかなりの難があるもの

古い本は年代を加味し、年数の割に状態がいいものは評価が上がる場合がございます。
なるべく詳細に分かりやすくを心がけていますが、なにぶん当方の主観であること、ご了承願います。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい ⇒ お問い合わせ

主なコメント欄

退色 日光や蛍光灯などによって色が褪せ、薄く白っぽくなった状態。
焼け 日光や蛍光灯などによって、紙がセピア~茶色に変色した状態。
しみ ほこりや手の脂で茶色のしみになったもの。
小口に点々と付く場合が多い。
割れ のどの接着部分が、ページを開き過ぎたり、接着剤の劣化により
ぺージが剥落、または剥落しそうな状態。
ぬれ 水濡れや湿気で、紙がふやけたり波打ちができた状態。
署名 著者のサイン。
献呈署名 著者のサインと併せて、贈呈相手の名前が記載されていること。
記名 所有者だった人の自分の名前の書き込みのこと。
蔵印 所有者だった人の印が押してあるもの。

本の各部の名称

本を立てた時に見える、上の切り口部分。
天の反対側。本を立てた時、下側になる切り口部分。
のど 本のページの余白部分で、綴じ目に接している部分。
小口 のど・背とは反対のサイドの切り口部分。
広義では天地部分を含むが、当サイトにおいてはこの部分を差す。
本の閉じてある外側の部分。
タイトルが書かれていることが多い。
見返し 表紙・裏表紙の裏側の部分。
見返しの次にあって、書名・著者・発行所などを記載している部分。
遊び紙 表紙・裏表紙の次にある印刷のない紙の部分。
奥付 本の一番最後に書かれたタイトル、発行日、何刷
発行者名、出版社名などを記載してある部分。
表紙・カバーの上から本の下部に巻きつける宣伝用の細長い紙。
本に付属しているケースのこと。

本のサイズ(判型)

目安として近い判型を載せています。
該当がない場合は、タテ×ヨコの大きさを記載しています。

A4判 297×210mm
A5判 210×148mm
A6判 148×105mm(文庫本サイズ)
B4判 364×257mm
B5判 257×182mm
B6判 182×128mm
AB判 257×210mm(実用書に多いサイズ)
A4ワイド判 297×235mm